FXキラー

特に前日の値動きが大きい場合などは、ストップ位置も深くなります。今回は結果的にトレールしたストップが建値となった時点でストップにかかり、ゼロで終わりました。ただ、まだ運用開始からの期間も短いため、今後もう少し時間をかけて、商材の実力を検証していきます。こうしてあっさり反転して取り損ねてしまうのは少々もったいないですね。

今回、年末年始にお休みしたこともあり、実際の判断は5日から再開としました。この商材ではリミットは入れず、ストップをトレールしていき、それにかかった時点で手仕舞いとなります。ここでストップをトレール、翌日もストップをトレールとしていきました。またその分、リミットも遠い印象を受けました。

日足でのストップトレールですので、今回のケースでは含み益がそれなりに出ている段階でも、ストップは建値よりマイナス、という状況が起こります。現在は少々含み損を抱えています。また、もう一つの判断基準では、週末に仕掛けがヒットしました。

一時は200PIPSほど含み益を抱えていただけに悔しいです。まず、5日朝にショートポジションの仕掛けを行いました。これがヒットし、6日の朝の時点では200PIPSほどの含み益。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加