truth (旧 Believe)

セールスレターを見ても伏字だらけで詐欺商材丸出しです。しかし、このようなケースは債権者によって目ぼしい家財等は既に押さえられ、換金の価値がないような物しか残っていないのが実情です。こんな商材購入してもお金をドブに捨てるようなものです。そうです。

販売者が大野智って・・・リーダーの名前じゃありませんか。この商材のノウハウとは・・・破産などで差押えとなった家の家財等を、家庭裁判所で調べて落札し、リサイクルショップ等に転売して稼ごう・・・というものです。気を付けましょう。はい、皆さんもうご存知ですよね。

セールスレター写真の様にこ~んな札束手に出来るケースは皆無と言って良いでしょう。ちなみに〇〇〇は「裁判所」、××××は「差押物件」、■■■■は「買取業者」です。これは詐欺商材販売者が行う、パソコン検索で商材の悪評を見られないための対策です。もし良い商材であれば・・・ネット上の評判が評判を呼んで売上が更にアップする訳ですから、こんな姑息な手段をとる筈がありません。

きっと近い内に、またまた商材名を変更して悪評を見られない措置を講じるでしょう。このように、伏字だらけのセールスレターは詐欺商材の典型ですから、覚えておいて下さいね。いずれにしても、ジャニーズ「嵐」の楽曲です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加