ブランディングプロジェクト蝶乃舞

奴らからすれば、金をもらって(商材買わせて)購入者を教育して、次に身内の商材売らせて儲ける・・・正に一石二鳥です。また赤い枠内では、このカリキュラムが終了すると、またまたバックエンド商品があなたを待ち構えている・・・ということを暗示していますね。蝶乃舞さんも言っています・・「一番儲かるビジネスは塾(高額商材販売のこと)」・・・だと。はい、これで分かることは、IBS開校した時、既にこの商材制作は開始されていて、生徒さんの中で優秀な人が選ばれて講師になった・・・という事でしょう。

騙されてはいけません。今回の指導者のメッセージを見てみましょう・・・黄色い枠内にあります通り、あれだけ「完全サポート」を強調していたIBSは、実は脱落者が大多数だったことを自ら暴露しています。まあ、本当に生徒さんだったか否かも怪しいですけど・・・。セールスレターを見る限り、どうもこの商材に関しては、蝶乃舞さんも誰かのプロデュースに乗っかっているだけのような雰囲気が濃厚です。

プロデュースしたのも蝶乃舞さん本人かどうかも分かりませんしね・・・。要注意です。この商材のキモはブランディング、つまり名前を売って集客しよう・・・ということですが、生徒達に売名行為をさせた後、結局は自分達の制作した商材を売らせる訳です。こんな商材買っても、自ら奴らの奴隷になるようなもんです。

最終的に自分たちが儲かるシステムなのです。う~ん、つい先日卒業したばかりの生徒さんがもう、情報商材制作しちゃったの??本来情報取材は最短でも数か月の制作期間が必要な筈ですけどねえ・・・。毎回この調子ですから、今回もきちんとしたサポートなど受けられないと思った方が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加