株式会社アクティブパートナーズ

タイでビジネスを行う場合、タイ人を相手に商売していてはタイ人の所得水準の利潤(日本の1/3)しか上げられません。この国のビジネスに関心がある方は私にご相談下さい。その彼のプロデュースですから、またまた高額なバックエンドが待ち構えていることは間違いないでしょう。ちなみに、私は20回以上の渡泰経験があり、我が国におけるタイ人ビジネスと少し関わりを持っています。いくらたかられるか分かったもんじゃありませんよ。

特にこの商材は「アジア(タイ)でビジネスを立ち上げよう」という序章に過ぎないもので、具体策にはまだ触れていません。佐藤みきひろ氏といえば、しばらく前与沢翼氏にプロデュースされ、フェイスブック塾FFFなる高額商材を大々的にリリースした人物です。具体策に踏み込もうとするときに、高額なコンサル料をたかられることが明白です。セールスレター冒頭のお顔に見覚えのある方も多いでしょう。

どういうことを言いたいかというと、商材販売者は・・・「あなたという日本人をコンサルすることで、自分が日本水準の利益を得ることを目的とした商材を作成した」ということです。これがタイにおけるビジネスの基本です。この高額商材の実体は「ねずみ講をフェイスブックでやろう」というもので完全なる悪徳商材でした。ですから、こんな商材には手を伸ばさないで下さい。

適切な道筋に乗れるよう、アドバイスして差し上げます。タイで暮らすのであればそれで構わないかもしれません。しかし、日本の水準の利益を得ようとするなら、タイに関わる日本人を顧客にしなくてはその利益は得られません。セミナーという名の高額バックエンド付きで非難轟々だったのも記憶に新しいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加