吉田FX塾

販売ページを見てみましたが、塾と言っていますが、正直塾なのは金額だけかな。しかも、開催場所が1回目が新宿、2回目が大阪になるので、両方参加しようとするとどうしてもお金がかかってしまうので、参加できても1回なのかな、と思います。メインのコンテンツは500分の動画になります。もちろん質問はできます。

塾というのは、定期的に開催される勉強会にリアルタイムで参加して、そこで多くのものを得ることが出来る場所だと思っています。このように考えていくと、吉田FX塾が塾と名乗っていること自体が不思議なんですね。具体的には、コンテンツの内容ですね。8時間ほどの動画コンテンツとなります。

家で動画を見ながら勉強するのがほとんどなのであれば、それはただの教材であり、塾というのはどうかと思います。他にも懇親会や勉強会がついてきますが、これも塾の期間と言っている3ヶ月に2回行われる予定になっています。提供しているもの自体は数万円で売っているFX情報商材と同じなのに、何回か勉強会を開催するという理由だけで、名前を塾としているとしか考えられません。

質問をつのり、一定数になったら動画で撮影して配信されるのですが、こんなことは塾でなくても普通の教材販売者の方もしていることです。塾だからやっているなんてことはまったくありません。そうすると3ヶ月ある塾の期間で勉強会が1回(最大でも2回)、そして、他は基本的に自分で動画コンテンツなどで勉強することになる。普通の4万円とか5万円とかで売っているものとそこまで大差がありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加