悪徳サイトの特徴

私がこれまでいくつか株式投資情報サイトやFXの商材等を利用してきて感じた、悪徳サイトにありがちな共通点をいくつかあげていきたいと思います。

これらからあげるポイントに注意する事である程度は悪徳サイトに登録し詐欺行為に合う事を回避できるのではないかと考えます。

運営元がはっきりしない

株式やFX等の投資情報サイトに限らず、詐欺行為を行っているサイトにありがちなのが、運営をしている会社に怪しい点があるという事です。

怪しい点というのは具体的に、、海外法人の名義であったりする場合。

会社所在地の住所がバーチャルオフィスであったり、存在しない番地が記載されている場合。

特定商取引法に関する表示で、会社名や住所、連絡先がきちんと表示されていない場合。

これらは言うまでもなく、最初から詐欺的行為を行うつもりがあるからこそ、運営会社である自分達の組織をきちんとサイト上に表示をしないのだと考えられます。

また、海外法人が名義の場合、株式・FX等の投資市場の規模が小さく、投資家人口の少ない日本で、海外法人がわざわざ日本の投資家に向けて情報サイトのようなサービスを展開する理由がそれ程ありません。

考えられる可能性としては、日本の組織が海外にて法人を作り、日本に向けたサービスを展開する事です。

これはおそらく海外に法人を登記する事で日本の法律に縛られないようにする為であると考えられます。

迷惑メールを配信するサイト

登録をしてもいない知らないサイトから、勝手に登録をされて、いきなメールが配信されてくるといった経験をされた方は多いのではないかと思います。

はっきり言ってこの時点で迷惑メール防止法に違反をしています。

こちらが承諾を事前にしていないメールに関してはどんなメールであろうと迷惑メールに分類する事ができ、明らかな法律違反です。

ではなぜ、まったく知らないサイトからメールが来るのか?

それは悪徳業者によくありがちなデータの横流しではないかと考えられます。

以前、ベネッセで問題になった顧客データの流出。

どの業者も顧客データは喉から手が出る程欲しい物だと思います。

悪徳業者はおそらく、データ管理などという概念は無く、平気で他業者へとデータを売ってしまっているのではないでしょうか。

でなければ、これ程知らないサイトからいきなりメールが来るはずがありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加